2017年12月26日火曜日

子ども達の活躍

昨日は正太君のど根性を書きましたが
本日は今回、大化けした陽向ちゃんについて。

人形劇の配役は演目が初めにきまります。
その次に、演奏家とメインの役柄のかたの日程調整をします。
メンバーに参加の有無を聞き、台本を送付します。

どの役をしたいかを考えながら台本読みの準備をして第1回の集まり。
第2希望まで決めてきて、読み合わせ
そこで、キャストを決定。

1ヶ月後、それぞれの役で台本読み、
次回まで人形を持ちながら本読みするので、台本を暗記して会話出来るようにしてくる
その後、全員そろわなくとも、パート練習で、動きを付けていき
総練習は2回ほど
そして、本番

と言うのが、「徹子のお家」の練習形態です。
毎週、1回というのではなく、公演に向けて集中練習しております。

メンバーは総勢で15名ほど。
次の公演には新人が2人ほど入るかもしれません。

話は戻って
今回、ルシア役を演じた陽向ちゃんは2回目の出演。小学3年生。
正太くんと同じ学年です。
初め、台本がすらすら言えず、早口で間違えないようにとがんばると、1本調子になり
人形は提灯を持っている、と言う状況でした。
私は、暇な人生ですので、彼女の時間がある度に、家に来て貰い、個人練習したり。
全体の流れの中では、ルシアが登場する場面を多く練習しました。
お陰様で、皆が濃い練習をする事が出来ました。
大人のメンバーだけだと、本人の「今度までがんばってきます。」と言う言葉で流すのですが。子どもは、付き合っていっしょにやらないかぎりまだできません。

陽向のルシア・正太のミッキー・悠生のダニー

今回は23,24日と立て続けに4公演でした。
陽向ちゃんは23日は上手にできて、家族からも褒められ良かったな。
ところが
24日は、驚くほど変身
まるで、ルシアが陽向ちゃんになったように
何時もみんなと遊んでいるときのような明るい陽向ちゃんに 
ルシアが変身!! 



メンバーが皆驚いて、今日のルシアは、特に良かった、良かったと声を掛けまくり(笑)

大人だけだと、こういうムードには中々成りにくい。
これが年の差80才のメンバーの良さ。
素直に声に出して褒めたり、アドヴァイスしたりできる。
もちろん、子ども同士でも、意見を言っている。
良い雰囲気(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿