2015年10月27日火曜日

RATS ハーメルンの笛吹

シャルルヴィル・メジェール第4弾
9月21日から3日間だったかな、時間を決めて街中にハーメルンの笛吹き男とネズミが5匹に現れて寸劇をしながら練り歩きました。
 私はこれが一番楽しかった!!
竹馬のような物をつけて、4㍍くらいに大きくなった笛吹き男は、リード管のような、チャルメラのような響きの良い笛を吹いてまわりに知らせる。
5匹のネズミは、下水管に落ちてしまったお母さんを一生懸命声をかけて、呼んでいます
「マンマ−」とね、呼んだ後に、穴に耳を傾け返事を待ちますが、返答がない。
5匹のネズミが一緒に「マンマ−」と呼びますが???
そこで、見ていた人達に、一緒に呼んでくれ、とマイムでお願いします。
  まわりの人達も一緒に大声で「マンマ−」
何度か呼びますが、返事が無いので泣き崩れてしまうネズミたち。
そこで、笛が鳴って、とぼとぼとネズミが歩き出すと、そこに居た人達も(私も当然)ついていってしまう。

 次に、悲しみのあまりかな?倒れてしまったネズミに。別のネズミが周りの人に頼んで、ネズミにキスをしてくれとせがむ。
 人がキスをすると、目をさまし、眠りの森の美女モードに突入。
わ〜〜〜い、結婚式だ。お祝いだ。記念写真だ〜〜〜(全部マイム)
入って、入って。とまわりを巻き込み。
みんなも、一斉にカメラを持って写真を撮りまくる・
そこで音楽が鳴って、移動
また、倍の人数になって後をついていく!
  ずっと後をついていきたいRatsでした


ぞろぞろついていく


0 件のコメント:

コメントを投稿