2014年1月19日日曜日

「なにわ人形劇フェスティバル」の思い出

7年前、秋に徹子が我が家の子どもになった年の春、「なにわ人形芝居フェスティバル」を見に娘と初めて一緒の国内旅行。日本を離れる予定の娘が京都にいってみたい。私は大阪で人形劇を見たいと言う双方の希望が揃ったので行って来ました。

しかし、出かけるちょっと前に衝動的に町のショップで購入したチョコラブを病気で亡くし、辛い辛い傷心旅行でした。美しい京都の風景を見ては涙ぐみ、美味しい食事をしていても思い出し、目がうるうると成るので、珍しく娘は私に優しく接してくれたのでした?
今でも、最後の苦しんでいる子犬を思い出すと心が痛みます。

 さて、そんなショッキングな出来事のあとの旅行でも、色々アクシデントがありました。
大阪には下寺町~一心寺の一帯を会場とする「なにわ人形芝居フェスティバ ル」を見る目的で訪れました。約30 軒のお寺と神社などが会場となり、歩いて訪れることの出来る範囲で色々な人形劇が開催されていました。
 その中で劇団「クラルテ」の歯切れの良い演技、そして個性的な人形にも驚きました。音楽の使い方も楽しく、見習いたいなと思いました。また淡路島の中学生による人形浄瑠璃を見る事が出来ました。1体の人形を3人で動かすチームワークの芸術。伝統を守る中学生を見ることが出来、人形劇の深さを知ることが出来ました。

そこでのアクシデント。いつも玄関から玄関まで車で動く生活だった私は、滅多に地面を歩くことがありませんでした?
京都、大阪と石畳を歩く日が4日たった帰る日の朝、あまりの足の痛さに、歩くことが出来ませんでした。地面に足をつけることが出来なくなりホテルのすぐ近くの病院にタクシーで行き、検査後痛み止めの注射をうっていただきそのまま空港へ、事情をお話しして車椅子で移動。

さて、1時間くらいで仙台に着いたころには痛み止めの注射が効いて、痛みを感じずに歩けるようになっていました。まずい!!
でも、仙台でも車椅子のお迎えがあり、出口まで送っていただきました。
至れり尽くせり。
空港の担当者から
    「何で帰られますか?」
   (お迎えかタクシーでしょうねと言う感じで聞かれたのです)
    「自家用車で帰ります」きゃ〜〜〜!
まるで「仮病を使ったお客さん?」のように、すたすたと歩いて自分の車に向かったのでした。はずかし〜〜〜〜〜〜!
      ドラマチックな春休みだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿