2016年5月22日日曜日

砂押町「人形の家」公演終了

5月22日(日)良い天気に恵まれ、沢山のお客様にお出でいただきました。
10時30分からはお子様ずれの家族が中心。子ども(小さい子から小学生)が20名くらいに保護者の方で全部で40名くらい。13時からは子どもが12名に大人が多い。
観客の層がちがうので、どうなるかとわくわく。

 卵を産んでくれるのを楽しみにしている婆ちゃんの質問に、見に来てくれた子ども達が食いつく(笑)色んな質問に、答えてくれるし、反応が素晴らしい。
砂押町「人形の家」子どもが集う色々な企画を立てているので、ここに来れば何か楽しいことがあるぞと言う期待感、流れを感じる。

 台本通りには行かない。泥棒親分の台詞に、負けじとからんでくる小学生。
泥棒が隠れているのを、必死で、「そこに居るよ。」と教えてくれたり。
そこらを受けて立つ楽親分、人形劇を楽しんで、声を出してくれる子ども達に、私たちも楽しんで5月3日初演では15分だった「ブレーメンの音楽隊}が25分に簡単に伸びていました(笑)会話が楽しい。
私も、俳優として今回初めて人形使い手となりました。
が、これもやはり楽しいな、と思った次第です。

 私の頭の中で、婆ちゃん役は初恵チャンと心に決めていた(笑)のでしたが、今回の初演では、退職と身内の不幸が重なって(お返事もなかったので)
終演後のお人形との面会?
では、誰が?
でも、初恵チャンは復活するだろうと、勝手に思っていましたので、私が初演代役をしたわけです。

 彼女も蘇り、今日はお手伝いに来てくれました。
婆ちゃんが「卵を産まないニワトリは、鶏肉だ!!」
と言うところで、色んなお料理を子ども達に出して
もらいました。
最後に、百歳のお誕生祝いなので、特別に「サウゲタン」を??
知っている人がいらっしゃらなかったので、急遽、初恵チャンに
お料理のレシピを教えて貰って、人形劇に強制参加(笑)

そんな形で、老若男女の人形劇団「徹子のお家」メンバーは勢揃いしたのでありました。

0 件のコメント:

コメントを投稿