2018年5月6日日曜日

「魔法のバイオリン」大盛況

まず初めに

15時公演においで下さった皆様
大変きちきちの状態で、申しわけありませんでした。
13時公演の途中から、予約の電話が来始め、頼まれたのを伝え忘れた等。
書いて見たら49名を超してしまい
身動きできないような状況に也、
本当に申し分けございませんでした

ここに地震が来たらと思うと
    身のすくむ思いです。

次回から、定員に達したら

きっぱりお断りするのも大事
と反省しております。

魔法のバイオリンと笛を出す場面

大好評でした。人形劇みたいになってきた(笑)

オマケに貰った魔法の笛
展子さんの選曲で魔笛から「わたしは鳥刺し」がぴったり
心がきれいな人が弾くと
とてつもなく美しい音が
心が汚れていると
とんでもなく汚い音がでる。まどかさんのヴァイオリンも素晴らしかった

泥棒親分・子分が大人気

この役をいつもやっている野澤さんは
とてもはまり役で前夜まで、自分の台詞を考え、3回公演の3回とも違う事を言って
受けていました

自分の台詞を膨らまし、自筆の原稿多数




練習の時からから子ども達は
泥棒の歌などを一緒に歌い
今回初参加の千愛(5才)ちゃんは
お母さんのドキドキを気にもせず
「今度は千愛、泥棒オヤブンヤリタ〜〜〜イ」
と公演後のパーティで主張していました(笑)
よくまあ、一日3回の公演を元気にやり通したと
ビックリしています

千愛ちゃんが寝てしまったら
その時は悠生くんと陽向ちゃんがいつでも
交代できる体制でおりましたが最後まで元気でした

お客様は最初の3人のご挨拶で心をぐっと掴まれたようでした

夢中に見入っているお子さん

そして、満員の中でも徹子はウロウロしてみんなにさわられておりました


最後に

人形劇は30分から35分で作るようにしております。こどもさんの集中力は短いので難しいのですが、
今回は2才くらいの小さな子どもが
お母さんに抱っこされながら
ズ〜〜〜っと夢中で見ていたので嬉しくて、お母様にご許可いただき写真に撮ってしまいました

      つづく


0 件のコメント:

コメントを投稿