2018年3月24日土曜日

アトリエ「自遊楽校」第19回作品展示会に行ってきました

なぜ?
実は我が家では2年前の春にアローカナと言うニワトリさんを雄1羽・雌3羽飼い始めました。
今回、そのアローちゃんから産まれたコッコちゃんが昨年10月に1週間

アトリエ自遊楽校の「モデル」となったので

ここに登場しました。
作品展はとても見応えがあり

 1人3点まで
と言う制限がある中
アローカナちゃんの作品が
とても沢山展示されていて
ビックリ
それぞれが個性豊かで、同じニワトリさんをこんな風に、自由に描かれる
このアトリエの魅力を感じました。





ずっと、「ブレーメンの音楽隊」の台本を考えていたとき
“4匹の動物たちが、年取って使い物にならないと捨てられる”
と言う原作を
そのまま、物語に取り入れたくない
と、2,3年もやもやと考え続け
悩んでおりました

それに
犬や猫の生態はなんとなくわかっても
ニワトリさんは
20年以上前に隣人が飼っていたニワトリ3羽を
 主人が転勤に成るので、お宅で飼いませんか・・・・
と言う成り行きで飼ったことがありました。

そのあとにアヒルを3羽
小さいときから飼っていて、眺めているだけで心が癒さの
水の交換など、大変な仕事であったけれど水交換の時に、泥鰌を買ってきて、
アヒルさんがおっかけっこするのを楽しんでいました。
しかし、ある雪の降った朝
1番小さいアヒルさんだけのこし
1羽は隣の庭で息絶え
もう1羽は跡形もなく消え去っておりました
イタチかハクビシンにやられてしまった。

以前のニワトリさんは私がお勤めしていた頃でしたので、あまり観察していなかった
なので、ブレーメンを仕上げるために
アローカナちゃんを飼うことにいたしました。
                   ♪♪♪  つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿