2015年3月9日月曜日

その3 3月8日

3月8日(日)砂押「人形の家」公演はまた、超満員
近隣の親子、知りあいのかたがいつもワンサカおいでいただきます。
「子どもがいるって幸せな空間になるのだ」と実感できる場所です、
子連れのお母さん達は子どもと一緒に集える場所が少ないので、ここでは月1回保育士のボランティアの方が来て、集いの日もこれから設けるのだそうです。
お料理会やお茶会などを企画しています。

人形劇をするにはとても良い空間で、人形が話しかけるとお返事して、会話出来るちかさです。

今回は人形劇の立ち上げから片腕であったモコ(相澤桃子)が大学を卒業し、上京(古い言い方)して就職、次の歌手役を担える人材がまだ育っていないので、娘の真衣が3月1日に行われた「仙台バロックアンサンブル」出演のために帰っておりましたので、モコから人形劇のエッセンスを受け継いでもらえるように・・・・と言う願いで、一緒の練習に参加し、分担して出演してもらいました。
砂押公演

0 件のコメント:

コメントを投稿