2016年10月8日土曜日

人形劇公演「たいせつな君」打ち明け話

「利府聖光幼稚園」主催 七ヶ浜伝導所
当日の朝、
歌手役が発熱、腹痛で出演できなくなりました。
私は 朝ご飯を食べながら
    
妄想
そうだ、鶏を代役に出そう!!
歌手の家で飼っているニワトリと言う設定?
ブレーメン使い周し
ニワトリくん
アローカナちゃん(ニワトリの品集)の観察で
見る目を養ってきた私(笑)
歌手・紹介の場面では咳をして
ちょっと具合悪い様子
ショーの場面では
急病の歌手に代わり
ニワトリが「もののけ姫」を唱いました
いつも新鮮
本番前にいつも心配するのは
80才代の深田先生と垂石さんのこと
その備えは(笑)出来ていたのでしたが

若い歌手が
 お〜〜〜〜〜びっくり
    でしたが、
ノープロブレム
あわてず
 どうにかなる、
 メンバーを信頼している
       うん。
いつも、練習が全員そろうわけではないので
いつも誰かが、代役を
それが活かされた
はじめの「何時も何度でも」はフルートソロに変更
紹介の場面は私が歌手になって
村長(野澤)村長夫人(垂石)歌手(鈴優)の会話は
何時ものおばちゃんの会話
60代と80代の婆ちゃんの会話??
アドリブ・ポンポン飛び出し
どんどん物語が具体化していく(笑)

私も
この年になったから
結構冷静に
頭の中で駒を動かすように
???
どうにかなった(冷や汗)
だから、写真などを撮るゆとりもなかった
後で、教会の方が
下さるかも

0 件のコメント:

コメントを投稿